親の土地を相続する時の流れ

土地に投資する最大のメリット

土地に投資する最大のメリット 土地に投資する最大のメリットですが、安定した資産形成が出来る点です。
今では実に多彩な投資先があります。
現実ではないバーチャルな電子マネーが流行っています。
これから未来にわたり、成長が出来る電子マネーに投資するのもオススメですが、投機的な側面はあり、またITや世間の事情に精通していなければ損します。
一方で土地投資であれば、バーチャルなものではなく、実物を見る事が出来ます。
また電子マネーやFX取引のように、たった一度のミスで人生が壊れる程、大損する事はありません。
また土地は安定した現物資産であり、土地の値段は時代で変化しますが、他の投資とは違い、元手が大きく減る事はありませんし、利用価値が高い場所であれば、投資をする事で安定した不労所得が得られます。
不労所得を安定的に得られ、老後の資金を効率良く蓄えられるのがメリットです。
株取引のようにリアルタイムで作業が求められる事はありませんし、投資家はごく普通に暮らしているだけで、後は現物資産が自動的にお金を稼いでくれます。

親の土地を相続する時の流れ

親の土地を相続する時の流れ 親の土地を相続する場合、登記をしなければいけません。
まず、葬儀等を終えてから、親の遺産と相続する人を調査します。
次に、その人たちと遺産分割について協議を行い、合意できたら遺産分割協議書を作成します。
この時、実印が必要となりますので、用意しておきましょう。
その後、土地を所有権が移転した事を登記すれば手続きは完了します。
また、遺言によって取得した場合は、遺産分割の前に遺言書の検認(公正証書遺言では不要)が必要となります。
その後、遺言書に記載されていない遺産の分割や遺言とは別の方法での分割などを協議します。
そして最後に所有権の移転登記を行います。
この移転登記の際は、公正証書遺言や自筆遺言、法定または数次相続、遺産分割によって登記申請書が異なりますので注意して下さい。
なお、登記をする期限は特に定められていないので、余裕ができた時に登記を行えば良いですが、土地を取得した人がそれまでに死亡した場合は、新たに遺産分割などを行う必要があり、手続きが煩雑になりますので注意して下さい。