土地購入にあたり測量の手数料は買主持ち?

土地購入にあたり測量の手数料は買主持ち?

土地購入にあたり測量の手数料は買主持ち? 土地を購入したり売ったりする場合は、測量が行われることがありますが、これは何のために行われているのでしょうか。
いくつか理由がありますが、まずは土地の面積をきちんと測って、その土地の価格を決定させる意味があります。
また、境界を明確にしておくことで、後から近所に住んでいる人とのトラブルになるのを予防する効果も持っています。
測量するためには、作業をする必要がありますが、この手数料については誰が負担するのでしょう。
測量をする場合、一般的には売り主側が負担すると言われています。
ただし、売り主にとっては余計な費用になるため、出費を嫌がって測量をしないこともあります。
測量が行われたほうが買い手が見つかりやすい傾向にあるため、需要と供給のバランス次第で決まる部分とも言えそうです。
狭い土地の場合は、境界に関して紛争が起こりやすくなる傾向があるので、売り主が測量の費用を拒否していても買いたい場所であれば、買主側が負担することもありえます。

土地購入は現金で支払うのとローンを組むのではどっちがお得?

土地購入は現金で支払うのとローンを組むのではどっちがお得? 土地購入は現金で支払うのとローンを組むのとどちらがお得かといえば、やはり現金がお得です。
生活に困らないのなら現金払いを薦めします。
ローンを組むというのは、毎月の利息を払っていかなければなりません。
今は昔よりは利息も安く借りやすくなっているためローンでも良いかなと思われがちですが、少しの利息でも長期間になるとかなりの額になります。
今は普通に貯金しても大して利息は付きません。
そのように考えるとローンの利息はやはり大きいので、払える現金のある方がローンを組むのは大変勿体ないです。
土地を購入ということであればきっといずれはそこに住むつもりなのではと思います。
自分の所有物としての購入なら、少しでも安くしたいと思われませんか? しかし、ギリギリ現金があっても支払うことで貯金が0円になるようでは、何かあった時に困ることになります。
現金で支払っても余裕があるかどうかを考えて、現金かローンか選択してください。
良くわからない場合や迷う場合は銀行などに相談すればきちんと説明して下さいますので、相談に行くことをおすすめします。